測定 (Measurement) ⇒ 評価 (Evaluation) ⇒ 改善 (Control)

環境空気中の有害物質の計測

・都市大気及び富士山頂におけるPM2.5中のPM1の化学組成と発生源

・都市大気中における粒子状物質の粒径分布とナノ粒子の動向

・粒子状物質中の揮発性有機化合物に関する研究

 

 環境空気中に浮遊している有害物質は、ガス、粒子、繊維状など形態が様々で、工場、自動車排ガス、廃棄物など発生源も多岐にわたっています。とくに環境空気中の微粒子は肺の奥まで到達し人体に悪影響を与えると懸念されており、中には発がん性を持つものも存在します。

 環境空気においてこれらの粒子状物質の濃度を測定し分析することで、人為発生源を推定したり、大気中での動向を調査したりしています。

 


有害要因への曝露の測定評価

  • 粉じん取扱い作業場における作業環境管理
  • 除染時に発生するインハラブル粒子測定法
  • ハイボリュームを用いた粉じん中の遊離けい酸の定量法
  • 局所排気装置以外の粉じん発散防止装置の開発
  • ナノマテリアル取り扱い作業現場における作業環境管理
  • 加熱脱着法による作業環境中の特定化学物質の定量
  • Refractory Ceramic Fiberの迅速かつ正確な気中濃度測定のための諸検討
  • 局所排気装置の吸引フード周りの気流解析

 


環境の改善

  • シリカゲル光触媒や金属酸化物を用いた有機溶剤の分解
  • オゾンを用いた揮発性有機化合物の分解
  • 可視光に対する光触媒活性向上に関する研究

 工場で塗装や接着に使用されるトルエンなどの有機溶剤、医療現場におけるホルムアルデヒドといった特定化学物質などが、揮発性有機化合物(VOC)として作業環境中に存在しています。
 これらは人体に有害であり、作業者に対する曝露が懸念されているので、その対策が必要です。
 そこでVOCの処理法として、環境負荷の少ない光触媒や常温でも反応性の高いオゾンに注目して、高効率の分解処理技術の確立を目指しています。